はりまやレシピ

TOKOROTEN

はりまやのところてん

はりまやのところてん

のど越しツルン! 
昔ながらのさわやかなおいしさ

天草を釜で何時間も炊き上げる、昔ながらの製法でつくっています。だから、ふんわり磯の香りがして、ぷるっとしたコシがあり、ツルンとしたさわやかなのど越しをお楽しみいただけます。

まるで「スイーツ」のような
ところてんを開発

従来の充填液に酢水を用いたところてんは、長期の保存が可能になる代わりに、ところてん本来の天草の風味や食感を損なってしまうという一面がありました。
はりまやでは、ところてん本来の風味をそのままご家庭で楽しんでいただきたいと、酸味のない真水に浸けて商品化する製法を開発しました。その製法は、はりまや独自の技術として特許を取得しています。特許を取得したところてんは、酢の風味がないので黒蜜との相性が非常に良く、スイーツとしてもお楽しみいただけます。

こだわりのところてん製造工程を紹介

はりまやのところてんは、良質な天草を100%使用し、釜で炊き上げる昔ながらの製法を守っています。凝固させるのも水を流しながらゆっくりと冷やし固めて、独特の食感を生み出しています。

天草洗浄

ところてんの原料は、天草という海藻です。まずは天草についた細かい砂やゴミを丁寧に取り除き、それから水できれいに洗浄します。

煮出し・不純物除去

洗浄した後は、大釜で水と一緒に2時間ほど天草を炊きます。さらに網でこして、残った天草や不純物を取り除きます。

充填・凝固

天草を煮出した液体のところてんを、冷却器の中に入れて、周りに水を流しながらゆっくりと冷やし固めていきます。

成形・出荷

冷却器から取り出したところてんを押し切り機に入れ、おなじみの細長い形に成形します。パック詰めして出荷します。

ページトップへ